Inkscape tutorial: ヒントやコツ

このチュートリアルは、作品制作を助け効率化を図るいくつかの「隠し機能」やユーザーが見つけたさまざまなヒントやコツを紹介しています。

Radial placement with Tiled Clones

It's easy to see how to use the Create Tiled Clones dialog for rectangular grids and patterns. But what if you need radial placement, where objects share a common center of rotation? It's possible too!

If your radial pattern only needs to have 3, 4, 6, 8, or 12 elements, then you can try the P3, P31M, P3M1, P4, P4M, P6, or P6M symmetries. These will work nicely for snowflakes and the like. A more general method, however, is as follows.

対称化の P1 (シンプル移動) を選び、シフト タブで 行ごと/垂直シフト および 列ごと/水平シフト をそれぞれ -100% に設定し、移動を平衡させます (訳注: 「タイルを考慮しない」を選んでもできます)。これですべてのクローンはオリジナルの上に正確に積み重なります。あとは 回転 タブで列ごとの回転角度を設定し、行が 1、列が複数になるようにして作成します。例として、以下に水平線、列数 30、回転角度 6°で作成したパターンを示します。

An example image

これを時計の目盛り板のようにするには、切り抜くか、シンプルに白い円で中心部を覆い隠します (クローン上でブーリアン演算を行うには、まずこれらのリンクを解除してください)。

行と列の両方を使うことによって、もっとおもしろい効果を作り出せます。ここに挙げたパターンは、列数 10、行数 8、行ごとの回転角度 2°、列ごとの回転角度 18°で作成したものです。ここでの各線のグループが「列」であり、グループはそれぞれ 18°ずつ離れています。各列内では、個々の線は 2°ずつ離れています:

An example image

In the above examples, the line was rotated around its center. But what if you want the center to be outside of your shape? Just click on the object twice with the Selector tool to enter rotation mode. Now move the object's rotation center (represented by a small cross-shaped handle) to the point you would like to be the center of the rotation for the Tiled Clones operation. Then use Create Tiled Clones on the object. This is how you can do nice “explosions” or “starbursts” by randomizing scale, rotation, and possibly opacity:

An example image

スライス (領域を複数の矩形に分けてエクスポート) するには

Create a new layer, in that layer create invisible rectangles covering parts of your image. Make sure your document uses the px unit (default), turn on grid and snap the rects to the grid so that each one spans a whole number of px units. Assign meaningful ids to the rects, and export each one to its own file (File > Export PNG Image (Shift+Ctrl+E)). Then the rects will remember their export filenames. After that, it's very easy to re-export some of the rects: switch to the export layer, use Tab to select the one you need (or use Find by id), and click Export in the dialog. Or, you can write a shell script or batch file to export all of your areas, with a command like:

inkscape -i area-id -t filename.svg

for each exported area. The -t switch tells it to use the remembered filename hint, otherwise you can provide the export filename with the -e switch. Alternatively, you can use the Extensions > Web > Slicer extensions, or Extensions > Export > Guillotine for similar results.

非線形グラデーション

SVG バージョン 1.1 は非線形グラデーション (すなわち色の非線形変換) をサポートしていません。しかし、マルチストップ グラデーションによってエミュレートすることができます。

Start with a simple two-stop gradient (you can assign that in the Fill and Stroke dialog or use the gradient tool). Now, with the gradient tool, add a new gradient stop in the middle; either by double-clicking on the gradient line, or by selecting the square-shaped gradient stop and clicking on the button Insert new stop in the gradient tool's tool bar at the top. Drag the new stop a bit. Then add more stops before and after the middle stop and drag them too, so that the gradient looks smooth. The more stops you add, the smoother you can make the resulting gradient. Here's the initial black-white gradient with two stops:

An example image

そして以下はさまざまな「非線形」マルチストップグラデーションです (グラデーションエディターで調べてみてください)。

An example image

一風変わった放射状グラデーション

放射状グラデーションは対称性を持ちません。グラデーションツールで、楕円グラデーションの中心ハンドルを Shift キーを押しながらドラッグすると、×字形のグラデーションの焦点ハンドルが中心を離れて移動します。もし焦点を中心と同じ位置に戻したい場合は、中心ハンドル付近にドラッグすれば中心にスナップされます。

An example image

ページ中央への配置

To align something to the center or side of a page, select the object or group and then choose Page from the Relative to: list in the Align and Distribute dialog (Shift+Ctrl+A).

ドキュメントのクリーンアップ

Many of the no-longer-used gradients, patterns, and markers (more precisely, those which you edited manually) remain in the corresponding palettes and can be reused for new objects. However if you want to optimize your document, use the Clean up Document command in File menu. It will remove any gradients, patterns, or markers which are not used by anything in the document, making the file smaller.

XML エディターの隠し機能

XML エディター (Shift+Ctrl+X) では、外部のテキストエディターを使用せずに、ドキュメントをほとんどすべての面から変更できます。Inkscape は GUI から編集できるよりも多くの SVG 機能をサポートしていますが、XML エディターはこれらの機能を利用する一つの手段です (もしあなたが SVG についてご存知ならば)。

ルーラーの単位の変更

In the default template, the unit of measure used by the rulers is mm. This is also the unit used in displaying coordinates at the lower-left corner and preselected in all units menus. (You can always hover your mouse over a ruler to see the tooltip with the units it uses.) To change this, open Document Properties (Shift+Ctrl+D) and change the Display units on the Page tab.

スタンプ

オブジェクトの複製を素早く作成するには、スタンプ 機能を使います。オブジェクトをドラッグ (または拡大縮小や回転) し、マウスボタンを押している間に スペース キーを押します。その時点でのオブジェクトが「スタンプ」として残ります。好きなだけこれを繰り返せます。

ペンツールの裏技

ペン (ベジエ) ツールで描画中の線を完了させるには以下のオプションがあります:

パスが完了していない間 (描画した線が緑色、現在のセグメントは赤色) は、オブジェクトはまだドキュメント上に存在していないことに注意してください。従って、それをキャンセルするには、元に戻す のではなく、Esc キー (パス全体をキャンセル) または Backspace キー (未完了のパスの最後のセグメントのみ削除) を使用します。

既存のパスに新規にサブパスを追加するには、パスを選択し Shift キーを押しながら任意のポイントを描画してください。しかし、既存のパスを伸ばしたいだけならば、Shift を押す必要はありません。単に選択したパスの終点から描画を開始してください。

Unicode 値の入力

テキストツールでは、Ctrl+U を押すことで Unicode と通常モードを切り替えます。Unicode モードでは 4 個の 16 進数のグループを入力することで Unicode 1 文字になりますので、(あなたがそれらの Unicode を知っており、フォントがサポートしている限り) 任意の記号を入力する事ができます。Unicode 入力を終了するには Enter キーを押します。例えば、Ctrl+U 2 0 1 4 Enter で emダッシュ(—) が挿入されます。何も入力せずに Unicode を抜けるには Esc キーを押します。

You can also use the Text > Glyphs dialog to search for and insert glyphs into your document.

アイコン描画のためのグリッドの使用

Suppose you want to create a 24x24 pixel icon. Create a 24x24 px canvas (use the Document Preferences) and set the grid to 0.5 px (48x48 gridlines). Now, if you align filled objects to even gridlines, and stroked objects to odd gridlines with the stroke width in px being an even number, and export it at the default 96dpi (so that 1 px becomes 1 bitmap pixel), you get a crisp bitmap image without unneeded antialiasing.

オブジェクトの回転

When in the Selector tool, click on an object to see the scaling arrows, then click again on the object to see the rotation and skew arrows. If the arrows at the corners are clicked and dragged, the object will rotate around the center (shown as a cross mark). If you hold down the Shift key while doing this, the rotation will occur around the opposite corner. You can also drag the rotation center to any place.

また、キーボードから [ および ] キーを押すと 15°ずつ回転し、Ctrl+[ および Ctrl+] キーを押すと90°ずつ回転します。Alt キーを押しながらだと、ピクセルサイズ単位のゆっくりとした回転になります。

影を落とす

To quickly create drop shadows for objects, use the Filters > Shadows and Glows > Drop Shadow... feature.

You can also easily create blurred drop shadows for objects manually with blur in the Fill and Stroke dialog. Select an object, duplicate it by Ctrl+D, press PgDown to put it beneath original object, place it a little to the right and lower than original object. Now open Fill And Stroke dialog and change Blur value to, say, 5.0. That's it!

パス上にテキストを置く

曲線に沿ってテキストを配置するには、テキストと曲線を一緒に選択し、「テキスト」メニューから テキストをパス上に配置 を選びます。テキストはパスの先頭からパスに沿って表示されます。一般に、テキストを沿わせるにはそれ用にパスを作成するのが最適です。

オリジナルを選択する

パス上に配置したテキスト、リンクオフセット、あるいはクローンがある場合、場合によってはそれらのもととなるオブジェクト/パスを探すのが難しくなるかもしれません。なぜなら、それは直下にあるとか、見えなくしている、あるいはロックされているかもしれないからです。マジックキー Shift+D がそれを助けてくれます。テキスト、リンクオフセット、あるいはクローンを選択し、Shift+D を押すと対応するパス、オフセットソース、あるいはクローンオリジナルが選択されます。

画面の外に出てしまったウィンドウの回復

When moving documents between systems with different resolutions or number of displays, you may find Inkscape has saved a window position that places the window out of reach on your screen. Simply maximise the window (which will bring it back into view, use the task bar), save and reload. You can avoid this altogether by unchecking the global option to save window geometry (Inkscape Preferences, Interface > Windows section).

透明、グラデーション、そして PostScript エクスポート

PostScript or EPS formats do not support transparency, so you should never use it if you are going to export to PS/EPS. In the case of flat transparency which overlays flat color, it's easy to fix it: Select one of the transparent objects; switch to the Dropper tool (F7 or d); make sure that the Opacity: Pick button in the dropper tool's tool bar is deactivated; click on that same object. That will pick the visible color and assign it back to the object, but this time without transparency. Repeat for all transparent objects. If your transparent object overlays several flat color areas, you will need to break it correspondingly into pieces and apply this procedure to each piece. Note that the dropper tool does not change the opacity value of the object, but only the alpha value of its fill or stroke color, so make sure that every object's opacity value is set to 100% before you start out.