Follow us on:

Home

Inkscape tutorial: 補間

Ryan Lerch, ryanlerch at gmail dot com

このドキュメントは Inkscape の補間エクステンションの使い方について説明しています。

はじめに

補間エクステンションは 2 つ以上の選択パスの間に対して線形補間を行います。これはすなわち、パスとパスの間の「隙間を埋める」、および指定されたステップ数に従ってそれらを変形することを意味します。

補間エクステンションを使用するには、変形したいパスを選択し、メニューから エクステンション > パスから生成 > 補間 を選択します。

このエクステンションを呼び出す前に、変形したいオブジェクトを パス に変換しておく必要があります。パスへの変換は、オブジェクトを選択し、パス > オブジェクトをパスへ を選ぶ、または Shift+Ctrl+C を押します。選択オブジェクトがパスではなかった場合はこのエクステンションは何もしません。

2 つの同じ形状のパス間の補間

補間エクステンションの最も簡単な使い方は、同じ形状の 2 つのパスの間を補間することです。このエクステンションが実行されると、2 つのパスの間のスペースがオリジナルのパスの複製で埋められます。何個の複製を配置するかはステップ数で指定します。

例えば、以下のパスに注目してください:

An example image

この 2 つのパスを選択し、イメージの下に表示されている設定で補間エクステンションを実行してみましょう。

An example image

上図のように、2 つの円形のパスの間のスペースが 6 (補間のステップ数) 個の複製された円形のパスで埋められます。これらの図形はグループ化されることも覚えておいてください。

2 つの異なるパス間の補間

補間が 2 つの異なる形状のパスに対して実行されたとき、プログラムはそれぞれのパスの形状も補間します。その結果はパスとパスの間を指定された補間のステップ数の規則性でモーフィングしたものになります。

例えば、以下のパスに注目してください:

An example image

2 つのパスを選択し補間エクステンションを実行してみましょう。以下のような結果になるはずです:

An example image

上図のように、円形のパスと三角形のパスの間のスペースが 6 個の、一方から他方への形状が変化するパスで埋められます。

2 つの異なる形状のパスに対して補間エクステンションを使用するとき、各パスの始点ノードの位置が重要です。パスの始点ノードを確認するには、パスを選択し、ノードツールを選択します。ノードが表示されますので、TAB を押してください。最初に選択されたノードがパスの始点ノードです。

以下のイメージを見てください。上の例と同じパスでノードが表示されています。緑色のノードがそれぞれの始点ノードです。

An example image

上の例 (以下にもう一度示します) はそれらが始点ノードであることによる結果です。

An example image

三角形のパスを水平に反転させ、始点ノードの位置を変えると、補間の結果は以下のように変化します:

An example image An example image

補間方式

補間エクステンションのパラメーターの一つに補間方式があります。2 種類の補間方式が実装されており、新しい形状の曲線の計算方法が異なります。補間方式は 1 か 2 のどちらかが選べます。

上の例では補間方式 2 を使用し、以下の結果になりました:

An example image

補間方式 1 と比べてみてください:

An example image

これら補間方式の計算方法の違いについての説明はこのドキュメントでは割愛します。各方式を試し、あなたが期待した結果に最も近いものを使用してください。

指数

指数 パラメーターは補間の各ステップ間の間隔を制御します。指数 0 はすべての複製を等間隔に配置します。

指数 0 の基本的な例では以下のような結果になります:

An example image

同じ例で指数を 1 にしてみます:

An example image

指数を 2 にしてみます:

An example image

そして指数が -1 の場合は以下のようになります:

An example image

補間エクステンションで指数を使用する場合、オブジェクトを選択した順番が重要になります。上の例では、左の星形のパスが最初に選択され、右の六角形のパスが次に選択されています。

右のパスを最初に選択した場合の結果を確認してください。指数に 1 を設定した場合は以下のようになります:

An example image

終端パスを複製する

このパラメーターはエクステンションでパスのグループを生成する際に補間が適用されるオリジナルのパスの複製も生成するかどうかを指定します。

スタイルを補間する

このパラメーターは補間エクステンションの賢い機能の一つです。この機能は各ステップごとにスタイルの変更を試みます。最初のパスと最後のパスの色が異なる場合、生成されるパスの色も徐々に変化します。

以下はパスのフィルにスタイルの補間機能が適用された例です:

An example image

スタイルの補間はパスのストロークに対しても作用します。

An example image

もちろん、始点および終点のパスは同じ形状でなくても構いません。

An example image

補間を利用して不規則な形状のグラデーションぽく見せる

Inkscape では (まだ) 線形 (直線) および放射状 (円状) 以外のグラデーションを作成できません。しかし、補間エクステンションとスタイルの補間を利用してそれっぽく見せることができます。簡単な例を以下に示します — 異なるストロークの 2 つの線を描きます:

An example image

そしてそれらの線の間を補間すると、グラデーションのようになります:

An example image

最後に

ここまで紹介したように、Inkscape の補間エクステンションは強力なツールです。このチュートリアルでは本エクステンションの基本的な部分にしか触れていませんが、自分で触ってみることこそが補間についてより深く知る最も良い手段となるでしょう。