Follow us on:

Home

Inkscape tutorial: 要素

このチュートリアルは、芸術作品の制作において用いられるいろいろな特性を理解するために、通常芸術家を目指す学生が初期に教えられるデザインの要素と原則について紹介します。

An example image

デザインの要素

以下がデザインを構成する要素になります。

線は長さと方向の記号として定義され、面を横切る点によって作成されます。線はその長さ、幅、方向、曲率、および色を変化させることができます。線は二次元 (紙にペンで書かれた線)、または暗に三次元になり得ます。

An example image

シェイプ

平面図形のシェイプは、空間を囲む実際の、または暗示的な線の接続により作成されます。色や濃淡の変動でシェイプを定義できます。シェイプにはいくつかのタイプ、すなわち幾何学図形 (四角形、三角形、円) と非整形のアウトラインにわけられます。

An example image

サイズ

これはオブジェクト、線、あるいはシェイプのバランスの変化についての言及です。現実あるいは想像のオブジェクトにはサイズの変動があります。

An example image

スペース

スペースはオブジェクトの間、周囲、上、下、あるいはその中にある、空の、あるいは開けた領域のことです。シェイプとフォームはそれらの中および周囲にあるスペースにより作成されます。スペースはしばしば三次元または二次元と見なされます。正のスペースはシェイプやフォームで塗りつぶされ、負のスペースはシェイプやフォームに囲まれています。

An example image

色は、面で反射される光の波長によるその特徴です。色は 3 つの属性、すなわち色相 (色の別称、赤や黄色のような名前で現される)、明度 (明るさや暗さ)、彩度 (鮮やかさ) を持ちます。

An example image

テクスチャ

テクスチャは表面の特徴 (実際のテクスチャ) あるいはそのようみ見せる (暗黙のテクスチャ) 手段です。テクスチャは粗い (rough)、滑らか (silky)、またはぶつぶつ (pebbly) などの言葉で説明されます。

An example image

明度

明度はその見た目の明るさや暗さの事です。明度の変更はその色に白や黒を加えることで実現できます。明暗法は構図内で著しく対照的な明るさと暗さを使用して描画します。

An example image

デザインの原則

原則は、デザインの要素を用いて構図を作成します。

バランス

バランスはシェイプ、フォーム、明度、色、その他と同じく視覚的な印象です。バランスは対称あるいは均等なバランスや、非対称および均一でないバランスをとり得ます。オブジェクト、明度、色、テクスチャ、シェイプ、フォーム、その他は構図内でバランスを作成します。

An example image

コントラスト

コントラストは、相対する要素を並置する事です。

An example image

強調

強調は、アートワークの一部を目立たせ、注意を引くのに用いられます。興味の中心あるいは焦点は、まず最初に目に止まるように描かれた場所になります。

An example image

比率

比率は、サイズ、位置、あるいは別のものと比較したあるものの量を表します。

An example image

パターン

パターンは、要素 (線、シェイプ、または色) の何度も繰り返すことによって作成されます。

An example image

グラデーション

サイズおよび方向のグラデーションは線形遠近法を実現します。暖色から寒色や暗色から明色のグラデーションは空気遠近法を実現します。グラデーションはシェイプに影響を与え、動きを加えます。暗色から明色へのグラデーションは、シェイプに視覚的な動きを与えます。

An example image

構図

個別の要素すべてを一体化します。

An example image

参考文献

以下はこの文書を作成するにあたり用いた参考文献の一部です。

このチュートリアルを執筆するにあたり、私 (http://www.rejon.org/) を助けてくれた Linda Kim (http://www.redlucite.org) に心より感謝します。また、Open Clip Art Library (http://www.openclipart.org/) およびそのプロジェクトに参加したグラフィッカーの皆様にも感謝します。